リウマチ科

関節リウマチの患者さんは全国に約70万人以上いると言われ、女性に多い病気です(男性:女性=1:4)。しかしリウマチの原因は現在のところ判っておりません。遺伝は15-35%と言われており、後天的な要因もやはり多いようです。最近では中高年の女性だけでなく男性もリウマチが増加しており、ストレス(例えば仕事のストレス、介護、出張の多さなどのストレスなど)が要因になっている人もいます。この様なストレスをできるだけ回避するだけでもリウマチのもととなるリウマチ因子(Rheumatoid Factor: RF)が改善する人もいます。

リウマチの早期診断、早期治療が予後にすごく重要です。患者さんに一番適した最善の治療を考えて一緒に寛解を目指します。

関節リウマチの早期発見、早期治療の重要性

初期の関節リウマチは関節腫脹や変形などの症状が軽く診断が困難である場合があります。当院では、肉眼ではわかりにくい関節の微妙な腫れや炎症を関節超音波器を導入し関節リウマチの早期診断に努めております。

関節リウマチの診断は

1.臨床症状(関節の腫れ、痛む関節の数、部位)
2.血液検査(CRP、MMP-3、抗CCP 抗体、その他末梢血、生化学データ)
3.画像検査(関節のレントゲン、超音波検査)

※これら1~3を総合して診断します

関節リウマチの治療は

1.内科的治療(薬物療法)
2.整形外科的治療(手術療法)
3.リハビリテーション

※これら1~3を組み合わせて行います。

1. 内科的治療(薬物療法)

1の薬物療法としては免疫異常を改善する抗リウマチ薬、炎症を直接抑えるステロイド、痛みを抑える非ステロイド性消炎鎮痛薬、サイトカインという炎症性蛋白を抑える生物学的製剤があります。
現在の治療の中心は抗リウマチ薬にてリウマチの慢性炎症を抑え、ステロイド、消炎鎮痛薬は補助的に使用するというものです。全世界的には抗リウマチ薬のMTX( リウマトレックス) が関節リウマチのアンカードラッグとして最も使用されております。これらの薬はどの薬も長期に服用することから副作用の発現に注意が必要であり、患者さんに最適な治療薬、最適な量を選択する必要があります。また、抗リウマチ薬が副作用で使用できない、効果不十分などの際は生物学的製剤(エンブレル、アクテムラ、シンポニー等)を使用します。

これらは点滴、皮下注射ですが、効果発現が早いこと、著明な骨破壊抑制効果より現在では症状緩和ばかりでなく治癒を目指すまでになってきています。しかし一方で、結核に感染しやすい、細菌感染しやすいなどの副作用があり、充分な注意が必要です。

2. 整形外科的治療(手術療法)

2の整形外科的治療としては、人工関節置換術、関節固定術および脊椎固定術など多くの手術法があります。(必要に応じて関連施設へご紹介させていただきます。)

3.リハビリテーション

3のリハビリには主に物理療法や運動療法があります。温熱などを利用し、痛みを和らげたり、関節の動きを良くするものです。また、関節の機能や筋力の維持を目的とした運動療法には、筋肉強化訓練、起立・歩行訓練、作業療法、リウマチ体操などがあります。